The world such as the magic in the colorful with
Art, Architecture, Technology & Design

Achromatic World - いろのないせかい

Date

2016.09.17-11.20

Exhibition

茨城県北芸術祭 出展作品

Detail

2015年秋、「Art Hack Day 2015」にてアート部門最優秀賞を受賞したアーティスト集団CALAR.inkの新作「Achromatic World - いろのないせかい」を出展。期間中は作品の展示と数回のパフォーマンスを行った。

Credits

Planning, Production / CALAR.ink

Designer / Kacho

Contractor, Hardware Engineer / Bunjiro Hasegawa

Production Manager / Haruka Kusakabe

Production Manager / Natsuko Yamamoto

Sound, Movie Editor / Masaki Ueda

Motion Actor / Aya Hirata

Narrator / Yuri Yoshida (Osaka Animation School College)

Assistant Scenario Writer / Michiko Kohara

English Translation / Maho Terada

English Translation / Saki Terada

English Translation / Mica Sasamoto

Production Assistant / Ayami Taniji

Music / Drakskip [Byggnan(The Building)] [LonelyPolska] [Drifting Clouds 浮雲]

Operations Staff / Akane Kawaguchi

Operations Staff / Yukino Yuki

Operations Staff / Makiko Ichige

Operations Staff / Yukie Fukaya

Operations Staff / Taku Nakagawa

Special Thanks / Takeru Onosato

Special Thanks / Kazufumi Kaku

Special Thanks / Eri

Special Thanks / Masayuki Hori

Special Thanks / Yoshinori Tanaka

ABOUT

「CALAR.ink(カラードットインク)」は、
様々なスキルを持つメンバーが集まり、空間、テクノロジー、アート、デザインを使って
カラフルで魔法のようなセカイを生み出すアーティスト集団です。

2015年8月22日
ハッカソン「Art Hack Day 2015」にて、芸術家のチアキ・コハラを中心としたアーティスト5名で結成
2015年9月6日
同ハッカソンにて、初作品となる「運命的アクシデント」がアート部門最優秀賞を受賞。
その後、Engadgetや日本テレビ「SENSORS」等のメディアにて取り上げられる。
2016年9月17日
茨城県北芸術祭にて新作となる「いろのないせかい - Achromatic World」を公開。

"CALAR.ink" is Artist group from Japan.
We create the world such as the magic in the colorful
using a variety of skills, Architecture, Technology, Art & Design.

August 22, 2015
This group was formed by the artist five people around the Chiakikohara an artist at the hackathon "Art Hack Day 2015".
September 6, 2015
In the "Art Hack Day 2015", it will be the first work "fateful accident" won the Art Division Grand Prize.
And then it is featured in the media such as Engadget and Nippon Television Network "SENSORS".
September 17, 2016
The new work "Achromatic World" exhibit at KENPOKU ART 2016 in Ibaraki, Japan.

CALAR.ink

  • Satoshi Eto

    Web engineer

    株式会社 パイプドビッツ webエンジニア。
    本業のweb開発以外に、スマホアプリ、映像制作、VJなどの個人制作を行っている。ArtHackDay 2015 アート部門優勝。

  • chiaki kohara

    Artist

    アクリルガッシュとボタンやレース、お菓子のパッケージなど様々な素材で描かれる大きな耳に奔放に手足の伸びた女の子たちや動物。
    その極彩色の世界観は、女の子なら一度は憧れたであろうワンダーランド。
    ユニクロクリエイティブアワードで「草間彌生賞」を受賞。
    「canvas@sony2012」でグランプリを獲得。東京•銀座ソニービルの壁面アートウォールを手がけるなど多方面で活躍。
    現在は国内外のアートフェアにも参加し、多くのファンを生み出している。

    chiakikohara.com
  • Kaiho Tadaishi

    Architect

    東京都日の出町生まれ。多摩美術大学美術学部建築科卒業。建築家/空間プロデューサー/一級建築士。
    作品と見る人との心理的な距離を空間で繋ぐデザインをしている。
    絵画展、映画祭、音楽フェス、バー、小劇場、ギャラリー、住宅など多岐にわたる空間を手がける。

    kusanomakura.jp
  • Teruaki Tsubokura

    Media Artist

    プログラミングや電子工作など、様々なテクノロジーを駆使して現実とデジタルの境を曖昧にさせるような世界を作り出すメディアアーティスト。
    国内外で200万人以上を動員した人気の企画展「魔法の美術館」への作品出品、Yahoo!JAPANインターネットクリエイティブアワード ゴールド賞など受賞多数。

    teruaki-tsubokura.com
  • Yuya Urita

    Pet

    みんなととても仲良し

CALAR.inkによって生み出されたカラフルで魔法のようなセカイを一緒に冒険しませんか?
アナログアートと最新のテクノロジーの融合によって作り出された、
体験型アートとパフォーマンスをより多くの人に体感してもらいたいと思っています。
展示に興味を持って頂けるメディア・団体様は、下記よりお気軽にお問い合わせくださいませ。

Would you like to adventure in the world such as magic in the colorful ?
We hope and want to experience more and more people our experiential art and performance
that has been created by the fusion of analog art and the latest technology.
Media and associations interested in our exhibition, please feel free to contact us from the following.

CONTACT